トップ画像
TOP各コースの紹介 > 欧州(ヘルシンキ・ベルリン)派遣コース

欧州(ヘルシンキ・ベルリン) 派遣コース

コースコンセプト
スタートアップイベント「SLUSH」出展と「Disrupt Berlin」視察を通じて現地からのフィードバックを獲得し、海外展開の足掛かりにする
コース概要
 このコースは欧州2か国を渡る日程となります。フィンランドで世界的スタートアップイベント「SLUSH(ヘルシンキ)」でパビリオンにブース出展、ネットワーキングイベントに参加した後、ドイツに渡り「Disrupt Berlin(ベルリン)」を視察・ネットワーキング参加を行います。

【*】募集期間 平成29年7月28日(金)~平成29年9月18日(月)締切
内容
<プログラム内容(案)>

【ヘルシンキ(フィンランド)】
1. オープニングレクチャー
 最新のフィンランド現地一般経済事情やビジネス環境について現地ジェトロスタッフまたは政府関係者からレクチャーを行います。「商談前に現地商習慣を確認したい」、「現地法人設立についての手続きを知りたい」、「現地駐在員の生活環境をききたい」といった疑問点を解消します。

2. 「SLUSH」出展
 MySQLやノキアを生んだ技術先進国フィンランドで開催される世界的スタートアップイベント「SLUSH」は、スタートアップシーンにおいて益々存在感を増しています。ジェトロが用意するパビリオンにブース出展をします。2日間の会期のうち、1日出展、1日会場内視察を行い、1万7千人以上の来場客からフィードバックを受ける機会を提供します。

3. Networkingセッション(1-2回を想定)
 「SLUSH」に合わせて昨年は約200回のサイドイベントが開催されました。こういったサイドイベント等を通じて現地関係者(アクセラレーター、投資家、政府機関等)とネットワーキングの場を提供します。

4. ラップアップセッション
中間振り返りとして参加企業が集まり、現地で得た気づきや繋がり、今後の海外展開プランを共有し合うことで学びを深めます。

【ベルリン(ドイツ)】
1.  オープニングレクチャー
 統一後四半世紀を経て一体感が高まりつつあるベルリン・旧東ドイツの最新動向について、現地ジェトロスタッフまたは政府関係者からレクチャーにより学を深めます。

2. 「Disrupt Berlin」視察
 メディアであるTech Crunchが運営するスタートアップイベント「Disrupt Berlin」にビジターとして入場し、出展しているスタートアップ企業からネットワーキングを行い、カンファレンスを視聴します。

3. エコシステム体感ツアー(訪問先は候補となります)
 「21世紀のルネサンスはベルリンからはじまる」といわれています。ベルリンはグローバルスタートアップエコシステムレポート2017において、タレント(人材)へのアクセスで欧州域内では最高の第5位になるなど、優秀な若者を惹きつけることで欧州のスタートアップシーンを牽引しています。こうした人材のネットワーク形成や新規事業創出を支えている「コワーキングスペース」を視察することでベルリンのエコシステムを体感します。

4. ラップアップセッション
 最終日に振り返りとして参加企業が集まり、現地で得た気づきや繋がり、今後の海外展開プランを共有し合うことで学びを深めます。

※上記プログラムの内容は、事前告知なく変更される可能性があります。予めご了承ください。
※渡航費、および現地でかかる経費(交通費、宿泊費など)は派遣企業様の自己負担となります。


<本コースに含まれる無料サービス>
・「SLUSH」ブース出展(基本設計・施工等)、展示会場への入場パス
・ヘルシンキでのNetworkingへの参加費
・「Disrupt Berlin」展示会場への入場パス
・ベルリンでのエコシステム体感ツアーへの参加費​

派遣時期
平成29年11月29日(水)午後 現地集合 ~ 12月5日(火)午後 現地解散
派遣社数
8社程度
推奨応募者
・コア技術を有するサービス・アプリケーション、ハードウェアの海外展開を目指す企業
・欧州エコシステム内でフィードバックを受けるなどフィージビリティスタディを行いたい企業