トップ画像
TOP > 平成30年度 採択企業一覧

平成30年度 採択企業一覧

シリコンバレー
  • 株式会社Eyes, JAPAN
    株式会社Eyes, JAPAN
    株式会社Eyes, JAPANは、1995年9月創業の日本で最初のコンピュータサイエンスの単科大学である会津大学最初のスタートアップです。過去22年以上、様々な分野で先進的なプロジェクトを多数手掛け、2011年の東日本大震災及び原発事故をきっかけに福島から世界を変える都市のラストワンマイルのチャレンジであるFUKUSHIMA Wheelを展開しています。
  • EAGLYS株式会社
    EAGLYS株式会社
    EAGLYSは量子耐性の高速秘密計算エンジン”CapsuleFlow™️”をコア技術として、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発、サービス提供しています。加えて、秘密計算とAIを融合したSecure AI™️とその高速化の研究開発をしています。企業は、セキュリティを意識せず安心・安全に、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用、詳細なデータ分析、高精度なAIモデル運用を行うことができます。
  • 株式会社エイシング
    株式会社エイシング
    エイシングはAIと機械工学のプロフェッショナルが集まる会社です.あらゆるものがテクノロジーと繋がる時代を先取りして,「ものづくり」に応用しやすいAIアルゴリズムの開発に着手して12年が経過.エッジデバイスや組み込みシステムなどにも活用出来るAIアルゴリズム「DBT(Deep Binary Tree)」を生み出しました.DBTは機械への組み込みを前提に開発されたアルゴリズムであり,超軽量での動作・高速データ処理・リアルタイム学習・スタンドアローンといった既存のAIアルゴリズムでは実現が困難なものを全て実現するソリューションを提供します.起業・先端テクノロジー研究などの経験を持つ経営陣のもと,解析サービスや共同開発研究をBtoBで承ります.
  • Koandro株式会社
    Koandro株式会社
    KOANDRO株式会社は「むずかしいCOFFEEをみんなのものに」というビジョンのもと、ひとりひとりが自分だけにパーソナライズされたコーヒーを楽しめるコーヒー機器およびサービスの提供をしています。
  • ゴイク電池株式会社
    ゴイク電池株式会社
    バッテリー社会に革命を起こす企業です。従来より、バッテリー診断は充放電方法のみで正確な診断を行なっております。当社は、独自の診断技術により数時間かかる診断をわずか《1秒》で診断(±5%の誤差)することを実現しました。世界初の技術で、全てのデバイスの安心・安全を提供し、更に3R(リサイクル、リユース、リデュース)を円滑に進め地球環境を守るエネルギーマネジメント企業を目指します。

  • コグニティ株式会社
    コグニティ株式会社
    「認知バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。8000本を超える解析結果データベースを使って、接客・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を提供。
  • シタテル株式会社
    シタテル株式会社
    シタテルはプロ・アマ問わず、衣服生産のご要望にお応えすることができる衣服生産のためのオンラインサービスです。工場探しから生地選定等、衣服生産に必要なすべての工程に対応し、アパレル事業者の方にもご満足いただける豊富なラインアップをご用意しています。初回のご相談から納品まで専任のコンシェルジュがサポートしますので、衣服生産がはじめての方も安心してご利用いただけます。
  • 株式会社シナモン
    株式会社シナモン
    株式会社シナモン(本社・東京都港区)は人工知能プロダクトを開発する企業です。ビジネスに関わる様々な書類を読み取る人工知能エンジンの提供を行っています。銀行や保険といった金融業界や製造業の大手企業様を中心に数十社以上のお客様にソリューションを提供しています。北米向けには同領域における展開を中心に考えています。
  • 千株式会社
    千株式会社
    千株式会社は日本でシェアNo1のこどもの写真のサービス「はいチーズ!」を提供している会社です。行事や日常の風景をプロのフォトグラファ−が撮影し、その写真をご家族やご友人に、インターネットを通して24時間いつでもどこからでも閲覧・ご購入いただけます。シリコンバレーでは教育業界での写真に関連する、業務負荷削減や更なる付加価値の創造に対する課題解決を狙っております。
  • Doreming株式会社
    Doreming株式会社
    ドレミングは世界のFintech100に日本で初めて選出された福岡発Fintechベンチャー企業。あらゆる人が金融サービスを享受できるキャッシュレス社会の実現に向け、独自のリアルタイム・モバイルマネー給与決済を皮切りにグローバルで社会貢献事業を展開。ドレミングのビジョンは労働者が報われる社会を共創すること。真面目に一生懸命仕事をすれば、より良い金融サービスや福利厚生にアクセスできる仕組みを追求し、提供することをミッションにしている。
  • 日本環境設計株式会社
    日本環境設計株式会社
    「あらゆるものを循環させる」。2007年の創業以来、当社はこのビジョンを掲げてリサイクルの運営を行ってきました。技術開発を続け、昨年末には再生ポリエステルのケミカルリサイクルの技術を導入した新工場を稼働。リサイクルプロジェクト「BRING」において、消費者の皆さんにBRING(持ち込み)いただいた衣料品を原料にサステナブルプロダクトの製造を開始し、今後は独自のサプライチェーンを構築していきます。
  • パロニム株式会社
    パロニム株式会社
    人物や場所、服やBGMなど、映像の中には知りたい情報がたくさんあります。パロニム株式会社では、スマホやPCの画面にタッチするだけで、映像の中にある様々な情報を入手できる動画技術を開発しています。「映像→検索」のストレスやデジタルデバイドから解放され、言語の壁にもとらわれず、人々が気持ちよくネクストアクションを楽しめる次世代映像文化を目指します。また、テレビやLIVE、サイネージ等様々な拡張開発も始めています。
  • 株式会社 FiNC Technologies
    株式会社 FiNC Technologies
    FiNC Technologiesは、「Personal AI for everyone's wellness」をミッションに掲げる予防ヘルスケア×テクノロジー(人工知能)に特化したヘルステックベンチャーです。医師や薬剤師、栄養士やトレーナー等の予防領域の専門家と、データサイエンティストやエンジニア、遺伝子や生物学などのライフサイエンス領域の研究者で構成されたプロフェッショナル集団です。)
  • Holoash,Inc.
    Holoash,Inc.
    ADHD傾向のある大人向けのAIセラピーの開発。スマホによって、注意散漫になったり、SNSの友人の投稿で気が滅入る、ジェラシーを感じる、ということが増えてきた。これは非常にADHDの傾向と似ていて、普通の人がスマホの使用によりADHD傾向を持ち始めているという研究結果もある。USでは、モチベーションや生活課題をセラピストに相談するが、セラピーの予約が取りづらく、価格も高い。そこで、ADHD傾向がある人に向けたAIによるセラピーを開発。Motivational Interviewingによって自己肯定感を上げてくれるコミュニケーションをし、ADHD傾向がある人の生活をサポートするAIを開発している。
  • mui Lab株式会社
    mui Lab株式会社
    mui Labは、京都をベースにして、新しいIoTのUX、Material User Interfaceを提供するデザイナーと技術者の融合したスタートアップです。私たちは人に寄り添う静かなテクノロジーmuiとそのIPを提供し、今後爆発的に増えるIoTのデバイスへmuiテクノロジーを実装し、テクノロジーと人のライフスタイルの調和を目指しています。CES2019イノベーションアワード受賞
  • メドメイン株式会社
    メドメイン株式会社
    メドメイン株式会社は、福岡に拠点を構える医療ITスタートアップです。弊社では現在、国内外の複数の医療機関と共同でDeep Learningによる病理画像診断ソフトウェア「PidPort」の開発を行なっています。本ソフトの提供により、病理医が慢性的に不足する現状を打開し、世界中の誰もが高精度で迅速な病理診断を受けられる環境の実現を目指します。
  • 株式会社モールサービス
    株式会社モールサービス
    株式会社モールサービスは、座席予約システムや入場管理システムの開発とブロックチェーンなどの最先端技術に関する研究開発をメイン事業としています。この度、新たに仮想通貨プラットフォームではないブロックチェーン技術を独自に開発しました。インターネット環境に依存せず、よりセキュリティを高めた新しいデジテルチケットやキャッシュレス決済の実現を図ります。
  • ユカイ工学株式会社
    ユカイ工学株式会社
    ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。主な製品に、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や脳波で動く「necomimi」、フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi3.0」、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」などがあります。
ベンガルール
  • 株式会社カウリス
    株式会社カウリス
    法人向け不正アクセス検知サービスを展開するスタートアップ企業。2016年10月に提供を開始したFraudAlertは、ユーザーのIPアドレスや位置情報など200以上の要素から「その人らしさ」や「ふるまい」をベースに機械学習を用いてリアルタイムにアクセス解析を実施。不正が疑われるログイン試行を未然に検知して不正送金やチャージバック等の被害を予防する。すでに大手金融機関や通信事業者、インフラ事業者等で導入が進められている。
  • クオンタムバイオシステムズ株式会社
    クオンタムバイオシステムズ株式会社
    QBは、高精度で、読み取りコストを大幅に削減できる革新的な1分子DNAシーケンサー開発に取り組むスタートアップ企業で、2013年1月に、大阪大学の1分子DNA/RNAシーケンシングの基礎研究成果をベースに設立さました。現在は、大阪大学の基礎研究成果を更に発展させ、塩基を同定するためのトンネル・ホッピング電流を計測するナノ電極を、工業用半導体製造技術を用いて集積化したチップを開発し、革新的DNA/RNAシーケンサーの開発を推進しています。
  • 株式会社grooves
    株式会社grooves
    grooves は、時代の変化とともに変容する人の働き方にあわせて、HR×テクノロジーでより良い未来へのワークシフトインフラを構築している企業です。国内最大級のエンジニアDB「Forkwell」や人材紹介会社をつなぐ「Crowd Agent」、地方創生副業プロジェクト「Skill Shift」などIT×働く領域で各種プラットフォームを運営しています。

  • サスメド株式会社
    サスメド株式会社
    経済損失を生み出す不眠症に対する治療としては、認知行動療法が推奨されていますが、労働集約的な治療法のため普及が限られ、睡眠薬の過剰処方が問題となっています。私たちは認知行動療法をICTによって実現するためのモバイルアプリを開発し、医療機器として用いるための臨床試験を進めています。さらに、臨床開発のコストを下げるために、ブロックチェーン技術を活用した臨床開発システムを開発しました。これにより、イノベーションと持続可能な医療の両立を目指します。
  • 株式会社ジーニー
    株式会社ジーニー
    株式会社ジーニーは、「テクノロジーで新しい価値を創造し、クライアントの成功を共に創る」というミッションのもと、企業の収益拡大・生産性向上など様々な課題解決につながるソリューションを開発・提供するマーケティングテクノロジーカンパニーです。
  • 株式会社Stroly
    株式会社Stroly
    Stroly(ストローリー)はイラストマップに位置情報を連動させることで、今いる場所のストーリーを体験できるのイラストマップのオンラインプラットフォーム。ユーザーはキュレーションサイトの情報を見ているかのように楽しみながら、地図を閲覧・利用することができます。自分で描いた地図をStrolyでオンライン化し、プラットフォームに投稿や公開も可能で、エリアや観光地などのブランディング強化につながります。
  • 株式会社テクノラボ
    株式会社テクノラボ
    テクノラボはプラスチック製品の少量生産プラットフォームを提供しています。3Dプリンターではなく、簡易型や機械シェアリングによって通常の量産と同等の品質を担保して、100~2,000個程度の少量で製品供給をしています。
    すでに100例以上の製品開発実績があり、工業デザイナーを中心に普及を進めています。
  • 株式会社FiNC Technologies
    株式会社FiNC Technologies
    FiNC Technologiesは、「Personal AI for everyone's wellness」をミッションに掲げる予防ヘルスケア×テクノロジー(人工知能)に特化したヘルステックベンチャーです。医師や薬剤師、栄養士やトレーナー等の予防領域の専門家と、データサイエンティストやエンジニア、遺伝子や生物学などのライフサイエンス領域の研究者で構成されたプロフェッショナル集団です。)
  • Ubie株式会社
    Ubie株式会社
    Ubieは病気予測技術をコアとするAIヘルステックスタートアップです。 Ubieでは一般の方が利用できる病気予測サービスDr.Ubieの開発を行っており、症状が発生した際にチャットボットの質問に回答することで病気を予測でき、症状のの緊急度や一般用医薬品、対処法などをサジェストすることができます。現在このサービスのグローバル展開を目指し、インドへ事業展開しています。
  • レキオ・パワー・テクノロジー株式会社
    レキオ・パワー・テクノロジー株式会社
    発展途上国の医療従事者や中/先進国のコンシューマー向けのジェネリック医療機器の開発・販売及びクラウド上のユーザープラットフォームの構築がサービスとなる。「高解像度」と「シンプルな機能」のポータブルエコーの低価格化に成功。JICAスーダン実証事業での導入実績があり、50カ国以上で販売/代理店交渉中。